カードローンの審査基準

カードローンは消費者金融だけでなく、今では地方の銀行や信用金庫でも扱っているので利用者もとても多いです。

面倒な手続きは必要ないので、パソコンやスマホなどから簡単に申込めますが、申し込めば誰でも融資を受けられるわけではありません。どこの金融業者でも審査があり、審査に通過しないと融資を受けることができません。金融業者によって審査基準が違いますが、ほとんどの業者は返済能力を厳しく調べます。返済能力は年収や勤務年数、過去の返済状況や他社からの借入を調べられます。

年収が多いことよりも、勤務年数が長い方が返済能力が高いと判断されます。収入が少ないアルバイトやパートでも、毎月決まった収入があれば、返済能力があると判断され審査に通ることになります。正社員で収入が多くても、勤めてまだ間もない人は申込んでも審査に通らないので、ある程度の期間働いてからカードローンに申込みましょう。

地方銀行や信用金庫では、勤務年数が何年以上とか、年収がいくら以上が、申し込み条件になっている所もあるので、よく確認してから申し込みましょう。カードローンの審査には、職場に電話をかける在籍確認もあります。申込用紙に書かれた勤務先に、本当に働いているか職場に電話をかけて確認するものですが、けして金融業者名を名乗ることはないので、カードローンに申込んだことが、周りに知られずにすみます。万が一本人が出かけていても、その職場に働いていることがわかれば、在籍確認審査は終了となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *