お金の不足時に便利なカードローンの手続き手順とは

日々の暮らしの中で急にまとまったお金が必要になるケースは多々起こりうるものです。

そんな時に急いで財布の中や銀行の預金口座を覗き込み、それでもなお不足額が生じる時には、思い切って消費者金融のカードローンを契約手続きすると便利です。カードローンとは一枚の個人専用カードを発行することによって、近場のATMからいつでも好きなタイミングでお金の借り入れが行えるようになる金融サービスのこと。

最近では全国のコンビニチェーンや銀行チェーンとの提携も強まり、ごく身近なところに設置してあるATMから借り入れすることも可能となっています。とりわけコンビニ設置のATMでは24時間稼働のものも多く、深夜や朝方の緊急時に借り入れを行うこともできます。このカードローンを活用する上では、最初に契約申請を行わなければなりません。電話やネット、自動契約機、店舗窓口、郵送などの方法で必要情報を先方に伝え、それから審査が行われます。

審査では信用情報機関への照会を通じて過去の借り入れ履歴をチェックしたり、あるいは勤務先に直接電話をかけての在籍確認などが実施され、その結果を通じて信用度に問題がないと判断された場合に限って利用が許可されます。なお、審査の際には身分証や年収証明書の提示も必要です。これらをチェックした上で不審な点が見当たらないかを確認し、なおかつ総量規制に抵触しない範囲内で融資限度額が設定されることとなるのです。このような過程を経て自動契約機や店舗窓口などで新規カードが発行され、その瞬間から全国のATMでの借り入れが可能となるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *