ファクタリングにはどのような種類があるのか

企業の資金調達で、迅速に行える方法の1つにファクタリングがあります。

活用を検討する場合にはどのような種類があるるのか把握をしておく必要があり、特徴を押さえておくことで最も適した方法を選ぶことが可能となります。ファクタリングには大きく4つの種類があり、まず、一括タイプがあります。一括タイプでは買取会社が、企業が持つ売掛債権を買い取ることで資金を調達することができます。一括タイプには二者間取引と三者間取引の2つの方法があり、大きな違いは、二者間取引ではあくまでも買取会社と企業の契約のみで行われ、回収された代金は企業側が買取会社に支払うことになります。

三者間取引では、契約は企業と買取会社との他に、企業と売掛先企業との間でも取り交わすことになり、ここでの支払いは、売掛先企業から買取会社に対して行われます。つまり、簡単にいえば、買取会社が売掛先となる支払企業に関与するかしないかという点が相違点となります。2つ目には医療債権報酬債権タイプがあります。ここでは、医療全般に対して用いられ、例えば、国民保険や社会保険の医療報酬を債権化することで利用されます。また、医療報酬だけでなく介護報酬や調剤報酬も対象となり、新しいものとしては障害者総合支援法に基づいて支給される自立支援給付があります。

3つ目としては保証タイプがあります。保証タイプは一括タイプと同様な仕組みとなるものの、大きな違いは保証が付いている点があり、ここでは、売掛先企業が倒産などで支払不能となっても、買取会社によって企業側に支払いが行われます。仕組みとしては保険的な役割を持つために、企業にとっては安心できる方法となります。4つ目としては国際タイプがあり、ここでは、輸出債権に対してファクタリングが行われます。一般的に利用されているタイプとは異なり、国際的な買取会社同士が連携してサービスを提供している点が大きな特徴となります。
ノンバンクのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *