二社間ファクタリングのメリットについて

ファクタリングと呼ばれるサービスが売掛債権の譲渡により資金調達をする方法として知られていますが、その方法の1つとして二社間ファクタリングと呼ばれる仕組みが注目を集めています。

ファクタリングは売掛債権の譲渡と言う仕組みを活用しますので、このようなサービスを利用していると言うことを対外的に知られてしまうことは資金繰りに苦しんでると言うことを公表してしまうことに等しいと言えます。二社間でファクタリングを行う場合には、売掛債権の先となる企業にはこのようなサービスを利用していることを知られることなく資金調達をすることができます。

そのため信用気にしている人にとってはこちらの仕組みの方が魅力的であると言えるのです。しかしながらこのような方法においては、業者側のリスクを高めることになりますので、この仕組みによって調達することのできる金額は売掛債権の額面よりも少なくなってしまいます。これは一定のリスクを受け入れて資金調達をしてくれる際の手数料として考えるべき差額であると言えるでしょう。

このようにファクタリングを利用することによって入ってくる金額を減らしてしまうという現実がありますので、他の手段によって資金調達ができない場合の最後の手段として考えておくのが良いでしょう。普段から日常的に利用すべきサービスでは無いのです。いざと言うときの資金調達の手段の1つとして知識を身に付けておくと言う考え方が有効であると考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *