ファクタリングで知っておきたいメリットとデメリット

ファクタリングを活用する場合には、メリットとデメリットを把握しておくことが重要となります。

メリットとしては、まず、早期の資金化が可能となる点があります。例えば、一般的な取引においては、売掛先企業からの支払が実行されるまでにタイムラグが発生することになり、場合によっては180日など長いサイトとなるケースもあります。ここではファクタリングを行うことでと早期の資金繰りを行うことができ、手元資金を厚くすることも可能となります。次に、借入ではないために定期的な利子が生じないことがあり、手数料はかかるものの、経理上は売掛債権の譲渡となるために借入として計上しなくても良いことがあります。

3つ目のメリットとしては、売掛先が倒産しても支払リスクが発生しないことがあります。ただし、注意が必要なのは、譲渡金の返済が必要ないケースは償還請求権なしのノンリコース契約をした場合に限られ、ウィズリコースとなる償還請求権ありの場合には、売掛先が倒産した場合には企業側にファクタリング会社への支払義務が発生します。ファクタリングのデメリットは、1つに、利用では手数料や掛け目が必要となることがあります。

売掛債権の信頼度によって金額や割合は異なるものの行うには費用がかかることになり、その分、手にする売掛金が目減りすることになります。2つ目としては債権譲渡に関する内容があります。まず、第三者間取引を行う場合には、売掛先企業の承諾が必要になり、手続き等で時間や手間がかかる場合があります。次に、債権譲渡では、取引関係によっては債権譲渡特例法が関係するケースがあり、この場合、債権譲渡登記をする必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *