介護でのファクタリング

介護でのファクタリングは、施設の資金調達、資金繰りの方法として有用です。

介護施設の場合、サービスを提供してから実際に給付金が受け取れるまでの間にはある程度の期間を要するからです。もともと介護施設は中小規模、零細規模のところが多く、決して資金に余裕があるわけではありませんから、この期間の差がかなり頭の痛い問題になりえます。その間の資金繰りのために新たに借入を検討しなければならないことも少なくありません。ここでファクタリングを利用すれば、その期間を短縮することが可能です。給付金を受け取るための債権を買い取ってもらうことができるためです。

このように、何らかの債権を、その決済の前に買い取ってもらうことをファクタリングと呼びます。これは別に介護の世界に限った話ではありません。一般的に、企業間の取引では実際の売買とその決済との間にある程度の期間があることが普通です。個人がスーパーで買い物をして現金で支払うようなケースは、企業の取引においてはむしろ稀なケースなのです。

こういう場合、その金額が大きくなればなるほど、また決済までの期間が長くなればなるほど、その企業にとっては資金繰りが問題になります。何しろ、自社の商品やサービスが売れても、すぐにはお金が入ってこないということになるからで、その間はどうやって運営していけばよいのかという話です。ファクタリングを利用すれば、売掛金という債権をその場で現金化してもらえるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *