おすすめのファクタリング業者とは

ファクタリングは業者が企業から手数料を受け取って売掛金債権を現金化する仕組みのことです。

金銭消費貸借契約ではなく債権譲渡なので手数料に法的な制限はありません。また融資ではないので業者は銀行や貸金業者などに限定されておらず、手数料やサービス内容も様々です。業者は売却額を支払い、後に売掛先から債権を回収します。手形取引のように期日まで待つ必要がなく、銀行などからの融資のように担保を求められることもありません。ファクタリングは融資と比較して簡単に資金調達ができるので人気があります。

資金の融資を受ける場合は債務者の信用力が調査されます。しかし債権譲渡の場合は譲渡人よりも売掛先の信用力が重要です。また審査も融資の場合と比較して緩やかに行われます。即日での入金に対応している業者もあるので、素早く資金調達したい場合におすすめです。ファクタリングには業者と譲渡人だけで行う2社間取引と、売掛先を含める3社間取引があります。前者の場合は売掛先に知られずに行うことができます。自社の経営状況を売掛先に知られたくない場合などにおすすめです。後者の場合は売掛先の承諾が必要になります。

手数料をなるべく安くしたい場合は3社間取引を行っているファクタリング業者がおすすめです。3社間の場合の一般的な手数料は債権額の5%から10%とされています。一方で2社間の場合は譲渡人が売掛先から支払いを受けてさらに業者に支払うので、債務不履行のリスクがあります。そのため手数料は債権額の10%から30%と割高です。売掛先に知られずに資金調達をしたい場合は、2社間取引を行っているファクタリングのおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *