ファクタリングのおすすめ条件は信用情報への影響

個人信用情報機関にはローンやクレジットカードの利用履歴が残されており、ここがマイナス評価になっていると今後の契約で不利になってきます。

例えばたまに延滞する程度では大きな問題にはなりませんが、延滞が常習化・長期化していると厄介です。あるとき急にローンの利用を止められる方がいますが、これはほとんどが信用力の低下によるものです。一定の信用力を下回ってしまうと、継続契約をすることが難しくなります。信用力というのは日々変化するものですから、現在において高くても将来的にどうなるかわかりません。

ファクタリングをおすすめしたい理由には、信用情報に傷をつけないことがあります。売掛先を譲渡して資金を調達することは、ローンには該当しないわけです。信用情報に傷がついてローンやクレジットカード契約ができない状況にある方でも、ファクタリングをおすすめできる理由は信用情報への影響がないことがあります。過去に長期延滞をして融資枠を止められていても、現金を調達できる手段というわけです。

実際に利用した方はファクタリングのおすすめ条件として、調達まで思いのほか早いことがあります。ビジネスローンだと1~2ヶ月はかかることがありますが、ファクタリングだと概ね5日以内と考えてよいでしょう。スピード振込を売りにしている会社だと、最短即日というサービスを提供しているところもあります。いずれにしても信用情報に影響せず、すぐに調達できるのはファクタリングのおすすめポイントでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *