売掛債権担保融資活用による資金繰り

事業を営む目的は利益の追求だけではなく社会奉仕や自己実現など人それぞれですが、利益が出せない事業は継続することができないので、営利はあらゆる事業の基本です。

とはいえ利益が出ていてもお金が回らなければまた、事業の継続はできません。事業には販売やサービスなど様々な業種がありますが、シンプルに考えるために販売を例にとると、仕入れた値段よりも高く売ることができれば利益が出ます。しかし、お店に並べる商品や倉庫の在庫のために仕入れをしなければ売り上げは入ってこないので、原価や経費などの支出は売り上げの入金に先立って必要です。

また、事業規模を拡大するには現金決済だけではなく掛け取引やクレジットカードなど、決済方法の多様化は有効的です。そこで、規模拡大のために導入した売掛債権をできるだけ短期間に資金化して仕入れや経費の支出に充てることが成長のカギになります。売掛債権の資金化には売掛債権担保融資と売掛債権譲渡の二種類があります。

売掛債権担保融資は将来入金する予定の売掛金を担保に借入をして、入金があったときに返済に充てる方法で、売掛債権譲渡は債権を売買してその場で決済してしまう方法です。両社は取引の形は似ていますが、売掛債権担保融資が借入金の金利を支払うのに対して、売掛債権譲渡では債権の回収可能性などによる評価額を入金します。その為、売掛債権担保融資の方が資金調達コストは金利の上限が決められていて、低コストでの調達が可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *