売掛債権担保融資とファクタリングはどっちが有利?

資金を獲得するためには何らかの権利を担保に入れたり、譲渡する必要があるのが原則です。

売掛債権担保融資とファクタリングは売掛債権をその対象にしていることが共通点です。しかし、両者には決定的な違いがいくつかあります。まず前者は売掛金を担保に入れて借り入れを行う契約ですので、契約内容は金銭消費貸借契約です。それに対し、後者は売買契約となります。つまり、受け取った資金は売掛債権担保融資では後日返済しなければなりませんが、ファクタリングではそれが必要ありません。

そして、両者のうちどちらを採用すべきかという点については、ケースバイケースとなります。もしも、手数料の負担をいかに減らすかを重視するのであれば、売掛債権担保融資が有利になるのが一般的です。この方法は利息制限法の対象になるため、金利の上限が定められています。一方でファクタリングは対象ではないゆえに、手数料や金利の負担が増える傾向にあります。

また、ごく一部のファクタリング会社に見られるような悪質な業者と取引してしまうリスクが少ない点も大きなメリットとなるでしょう。それに対し、売掛債権担保融資は審査がファクタリングに比べて厳格というデメリットがあります。会社の経営状況についても細かくチェックされることになるため、時間がかかりますし、赤字や未払い税金などはマイナス評価となります。すなわち、資金を迅速に調達したいケースや経営状況に不安がある場合は、ファクタリングの方が有利なのが基本です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *